カテゴリー

 

 

フラクタルアーカイブ

メディア出演情報

 当事務所では、給付金の請求期限まで残り三年余りとなったB型肝炎問題に取り組んでおります。

 

 「B型肝炎給付金」とは、過去に集団予防接種等の際の注射器の連続使用によってB型肝炎ウイルスに感染した方、およびその方から母子感染した方に対して、症状に応じ最大3600万円の給付金が支払われるというものです。  日本国内には約45万人の感染被害者が推計されていますが、提訴者は平成28年3月の時点で約3万人にとどまっており、すべての方に正確な情報が行き届いておらず、適正な給付金を受給できていない方がまだまだ多くいらっしゃるという現状です。

 

 そこで、当事務所は数多くの医療案件を通じて得た知識と経験を生かし、また給付金の存在をより多くの方に知ってもらうために、新たにリーフレットを作成いたしました。

 

 

 現在は首都圏を中心に、東北、北関東、東海、近畿など各地域の医療機関、スポーツ施設、オフィスビル等の協力を得て配布しています。

 

 

 B型肝炎について、ご家族、ご親戚、ご友人の中にお心当たりのある方がいらっしゃいましたら、是非一度当事務所へご相談ください。
 ご相談費用から調査費用、着手金、裁判費用まですべて無料にて対応させていただいており、弁護士費用も依頼者様が受け取った給付金の中から頂戴する形になりますので、給付金が出るまでは依頼者様に費用をご負担していただくことはありません。(提訴に至らなかった場合には実費を頂戴しております。)

 

 また、リーフレット配布にご協力いただける病院や企業の方も随時募集しております。
 一人でも多くの方が適正な給付金を受給できるよう、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

詳しくはこちら
B型肝炎給付金.com