カテゴリー

 

 

フラクタルアーカイブ

交通事故に遭ってしまったら

 

注意すること

対応方法

事故発生

当て逃げやひき逃げをさせないことが必要です。

事故発生直後に行うことについては こちらをご覧ください

治療開始

自分で大したことが無いと判断せずに、丁寧に検査を受けて下さい。

交通事故に健康保険が利用できるか、利用方法は こちらをご覧ください

警察への届け出や
  事情聴取

事実をしっかりと伝えましょう。遠慮して安易に自分にも悪いところがあったと述べると過失相殺されます。

あなたにも過失があると判断される可能性のある場合には、あらかじめ弁護士に相談されることをお勧めします。交通事故における過失相殺のモデルケースは こちらをご覧ください

示談交渉開始

治療費の仮払い
 (仮渡金)

相手方の任意保険会社や、自賠責保険から治療費等の仮払いを受けることが出来ます。

自賠責保険の仮払い制度についてはこちらをご覧ください

後遺症認定

事実をしっかりと伝えましょう。遠慮して痛く無いや可動域を無理に広げると後遺症認定されません。

 後遺症認定に
異議のある場合は
 異議申し立て

異議申立の際には医学的資料の追加提出が必要です。新たな資料が無ければ認定が覆される可能性が低くなります。

損害額の算定

弁護士を付けた場合の基準と、本人で交渉する場合とでは保険会社の提案する基準が異なってきます。

相手方保険会社との
   交渉

物損のみの先行示談を行うと思わぬ不利な事態となることがあります。

 

 (必要に応じて)
刑事事件資料の取り寄せ

刑事事件記録の取り寄せ方法や、刑事事件への被害者の参加手続きについては、被害者弁護の精通弁護士にご相談下さい。

紛争解決センターや
  訴訟手続き

法的紛争手続きを代理できるのは弁護士のみです。行政書士に代理を依頼することはできませんので、必ず弁護士に依頼しましょう。

矢印