事例36
30代女性Hさん
事例

離婚後に財産分与と養育費を求めた事例

夫が妻子らに暴言・暴力をふるうようになり,協議離婚。子供二人は妻が引き取って養育中。
離婚協議時は,夫の暴力等を恐れて条件の話し合いができなかったが,やはり財産分与・養育費を求めたいとして離婚成立から約一か月後に来所。夫は会社社長。
当事務所は妻側を受任。


結果

夫より,財産分与約900万円。養育費月6万円が認められた。


解決のポイント

本件は、離婚後の紛争の事例です。離婚時に離婚の条件(慰謝料、財産分与、養育費、面会条件)を決めていないケースは意外と多いです。離婚の際に決めなくとも、後に決める事は可能な事は知らない方も多いようです(時効の問題は有ります)。特に、DVの案件では、条件の話し合いが出来ず、とりあえず離婚届を出すというケースが多いです。本件の依頼者の女性も子供と逃げるように別居・離婚したため、夫に請求することは頭になかったとのことでしたが、実際に高額の金銭を手に出来て、「諦めなくて良かった」と大変感謝して頂きました。
夫が会社の社長で養育費を減額するために所得隠しをしたため、資料を精査し、その事実を主張したところ、当方の主張通りの判断が下りました。

 

財産分与は、婚姻中の貢献によるものですし、養育費はお子さんの教育のためのものですので、いろいろな理由があり離婚時には請求していなかったとしても、離婚後の生活を考えるとやはり請求するべきです。
当事務所は離婚後の財産分与、養育費、年金分割の請求の取り扱いが多いです。離婚のノウハウを活かして、出来る限り依頼者の方に有利な解決を目指します。