事例1
70代男性
事例

被相続人に相続人となる子供や配偶者がおらず、兄弟姉妹の代襲者が遺産分割調停を申し立てた事例


結果

希望する相続財産を取得する内容で調停成立


解決のポイント

被相続人の面倒を見ていた相続人が被相続人名義の預貯金を実質管理していた事案です。

被相続人の生前における預貯金の使途について不明瞭な部分が多く、相続人間で感情的になっている状態でした。

調停では被相続人の死亡時の残高に加えて,生前に引き出された額のうち合理的な説明の付かない金額についても相続財産とするよう主張し,主張額の大半が認められました。

このほか,被相続人所有の不動産について相続人間の利害を調整し、できるだけ高く売却できる業者を見つけ出して高額での売却に成功しました。