事例

預託金350万円 返金150万円で和解 神奈川県ゴルフ場

 預託金の償還期限が来たが,ゴルフ場運営会社から経営難により理事会で償還期限の延長を決議したと,預託金の返還を拒否され,当事務所に相談。当事務所は従前相手方と合意を成立させたことがあったことから,事件について見通しを告げた所,ご依頼を受けた。


結果

従前の和解とほぼ同レベルでの和解成立


解決のポイント

当事務所では多数のゴルフ預託金請求を行っており,過去に和解が成立した相手方についてご相談を受ける事がございます。そのような場合には,事件の最終的な見通しが立ちやすいです。

 

もちろん経営状況は日々変わるので従前通りに必ずなるとは言えませんが,ゴルフ場の姿勢を確認するだけでもご相談下さい。