事例

預託金280万円 返金分割で120万円で和解 山梨県ゴルフ場

預託金の償還期限が来たが,ゴルフ場運営会社から抽選による返金のみを行っており,当選しない限り返金できないと預託金の返還を拒否されたため,弁護士に依頼


結果

減額かつ分割での返金で合意ですが,40%以上の水準での和解となりました。業者の中には,預託金返還の予算を組んでいるところもあり,この業者も予算の範囲内で分割で多くの会員に返金処理を行っている業者でした。


解決のポイント

ゴルフ場の経営が苦しい場合,一括返金での回収が難しい場合もあります。

 

なお,当事務所では,お客様の費用対効果に見合うように,交渉までにおいては通常の費用(着手金税別5万円成功報酬18パーセント)以下での事件処理のご相談も受けております。