事例

夫(父親)が親権獲得を目指した事例

妻が子供を置いて出て行ったが、監護者指定の審判・保全、子の引き渡しの審判・保全を申し立てられた事案。当方は夫側を受任。


結果

親権取得


解決のポイント

夫婦喧嘩をした際に、妻が子供を置いて友人宅に家出をしました。夫は妻の身勝手な行為に離婚することを決意し、その旨伝えたところ、妻から監護者指定の審判・保全、子の引き渡しの審判・保全を申し立てられました。妻は出産後専業主婦でしたが、育児に不安があったため夫は親権取得のために当方に依頼されました。
夫は仕事をし、妻は専業主婦であったため、看護実績という点では夫は不利な状況でした。しかし、別居以前から近所に住む夫側の親族が全面的に育児をサポートしてくれており、子供たちも大変懐いていました。
夫の親族も親権取得を希望しており、万全の体制でサポートを継続してもらえるとのことでしたので、夫だけでなく夫の親族の全面サポートという点を主張しました。
さらに、親族の協力体制を強固にするために、夫は実家に転居し、弁護士と夫と親族を交えて何度も打ち合わせをし、親権取得のためのアドバイスをさせていただきました。結果、親族のサポートが決め手となり、親権を取得することができました。