事例

夫から妻への離婚請求事例

離婚に応じない妻との離婚問題。当方は夫側を受任。


結果

離婚


解決のポイント

夫婦仲が悪く別居をしましたが、妻は長年に渡り、理由は述べないが離婚には絶対応じないと言って、夫が自分で申し立てた調停も妻が出頭せずまったく話し合いにならなかったため不成立となってしまいました。当事者同士の話し合いでは解決しないので、当方が交渉を依頼されました。
妻が理由も述べず、だからといって復縁するつもりもなく、離婚に応じようとしないため、まずは離婚したくない理由を聴取することから始めました。何度か連絡するうちに心を開いていただき、気持ちを聞いたところ、離婚後の生活や子供の将来に対して大きな不安を抱えていることが判明しました。
そこで、妻の不安要素をカバーした離婚条件を提示し、何度も話し合いを重ねた結果、離婚に応じてくれました。当事者同士の話し合いでは「離婚する」「離婚しない」「どちらが悪い」だけが争点となりなかなか話し合いが進みません。
間に弁護士を入れることで、事件の背景や争点が明らかとなり協議が上手く進みました。