事例

夫からの養育費減額請求事例

養育費を減額できた事案。当方は元夫側を受任。


結果

養育費減額


解決のポイント

離婚成立後、元夫は公正証書で決められたとおり養育費を支払っていましたが、新しいパートナーと結婚しお子さんが生まれました。元妻も別の男性と結婚し、元夫との間の子供と養子縁組も結んでいることが判明しました。
子供が増えて公正証書通りの養育費を支払うには金銭的負担も大きく、さらに元妻との間の子供は別の男性との間で養子縁組が結ばれておりましたので、養育費減額調停を申し立てました。
ところが申立直後、元妻はすぐに新しいパートナーと離婚しました。結婚してから数か月しか経っておらず、このタイミングでの離婚は養育費減額を免れるための「偽装離婚」である疑いがあったため、調査をしたところ、実態は結婚したままであることが判明しました。
調停でもその主張をし、結婚をしているという前提での養育費減額に成功しました。