事例

加害者が外国人で被害者側にも過失ある死亡事故事例

加害者が外国人であり,また,被害者の方に過失が認められる死亡事故案件で,自賠責請求を先行させることにより,訴訟での見込みより多額の賠償を受けられた事案


結果

訴訟での見込み以上の損害賠償金額を自賠責保険より受領


解決のポイント

本件では加害者が外国人であり,出国してしまえば訴訟提起が難しい案件でした。また,被害者の方にも少なからず過失があり,訴訟提起すると,実際の回収及び認められる損害額という点で不安のある事情がありました。

 

自賠責保険では,被害者の方に過失があっても,裁判所のように過失割合を個別具体的に定めることなく,定率での減額で損害賠償に応じて貰えます。そこで,この事件では,訴訟よりも自賠責保険での請求を先行することで,遺族の方に満足頂く賠償を得ることが出来ました。(なお,労災保険は適用が無い案件)