事例

無保険の相手方から修理費用を回収した事例

加害者の乗り物がバイク、かつ保険に入っておらず,損害賠償金の支払いを拒否したことから当事務所に依頼した事案


結果

訴訟で勝訴,判決認容金額の全額回収


解決のポイント

相手方の乗り物がバイクであり,かつ物損の事案であったため自賠責保険も適用されず,任意保険も入っていなかったことから,相手方本人から直接回収しなければならない事案でした。
相手方は,「金持ちが乗る車の修理費用は支払わなくて良い」という独自の考え方を法廷で述べており,正当な費用の支払いを拒否しておりました。
判決を得た後も任意に支払わなかったので,調査したところ,勤務先を突き止めることができ,勤務先の給与を差し押さえたところ,全額支払ってきました。

 

本件の依頼者は,弁護士費用特約に加入されていたことから,相手方から判決を得,強制執行手続きまで弁護士費用を気にすることなく回収できました。弁護士費用特約に入っていなければ典型的な泣き寝入りするしかない事案でした。自動車保険に入る際は,弁護士費用特約を付けることをお勧めいたします。