事例

買替費用のみの支払いを主張された事例

経済全損(修理費用よりも買替費用が安い場合)として保険会社が支払いを拒否したため当事務所に依頼した事案


結果

保険会社の提示金額に上乗せした金額で和解


解決のポイント

依頼者の方の車は、希少な車で、買い替えが難しいものでした。そこで修理費用を請求したところ、買替費用の提案しかなされず、当事務所に依頼となりました。

 

修理費用よりも買替費用の方が安い場合,いわゆる経済全損として保険会社は買替費用分の支払いしかしないことが通常で,裁判所もそのように判断します。
しかしながら,本件ではかなり前に生産が終了している車両であり,同程度の車両に買い替えることはそもそも不可能な事案でした。
また,保険会社の提案は,単に似たような年式の車両の金額のみであり,買替に伴って発生する税金等の諸費用や買替までの代車費用を計上していませんでした。
そのような事情を立証した結果,当初の買い替え費用として提示された金額に上乗せした金額での和解が裁判所で成立しました。