事例

支払い拒否する相手と交渉し金銭を得た事例

停車中の工事車両に接触した事故で,停車していたことを理由に相手方が支払いを拒否したため当事務所に依頼した事案。


結果

訴訟外で示談成立


解決のポイント

相手方保険会社は停車中であることを理由に一切の保険金支払いを拒否しておりました。しかしながら,相手方車両が違法駐車であったことや,見通しの悪い部分に設置用のアームを出していたことを指摘して支払いを求めたところ,交渉で依頼者の方が納得する金銭を支払っていただくことが出来ました。

 

停車中の車両に接触した場合,もちろん接触した側の過失が大きくなりますが,停車の状態によっては停車車両にも過失割合が認められ,そして接触した車両にのみ損害が発生した場合には,一定割合の損害賠償を求めることも可能です。停車中の車両だからということだけで請求が出来ないということは無いので,弁護士に相談しましょう。また,依頼者の方は弁護士費用特約の保険(LAC)に加入されていたので,本件で相手方に請求できる金額が弁護士費用以下ではありましたが,弁護士費用は自身の保険会社に支払ってもらうことで,満足のいく解決が出来ました。自動車保険に加入する際は,弁護士費用特約を付けることをお勧めいたします。