事例

示談金の増額をした事例

事故の被害に遭い通院をしていたが,保険会社の示談金の提示が低いため,当事務所に依頼した事案。


結果

紛争処理センターを利用し、裁判をせずに当初の提案の2倍の示談金の獲得に成功。


解決のポイント

長期間通院し、いざ保険会社から損害額が開示されたところ、かなり低額であったため、最初は行政書士に依頼をしましたが、文書を送付するのみで法的な主張や具体的な交渉ができないため、弁護士に依頼しました。訴訟も検討しましたが、法的な争点はほとんどなく、金額面のみの争いでしたので、安価で早期解決が見込める紛争処理センターを利用することにしました。結果2回の期日で当初提案された損害賠償金額の2倍を得ることができました。

 

保険会社はご本人で対応しても判例基準での慰謝料を支払う事は無いので、増額はしないことが多いです。しかし弁護士が判例などを示し、訴訟でも認められる可能性を具体的に主張することで、増額が見込めるケースも多いです。交通事故はインターネットや行政書士のページで知識を簡単に得ることが出来るので、自分で対応しがちですが、そもそも保険会社が弁護士を依頼しないと増額をしない運用であるところも多いので、早めに相談するようにしましょう。