事例

むちうちの後遺症慰謝料が争点となった事例

後遺症認定はなされなかったが,後遺症が遺ってしまったむちうち事案の被害者側の受任


結果

後遺症慰謝料は認められなかったが,通常の通院慰謝料に上乗せをさせる形で示談が成立。


解決のポイント

当初、保険会社は、後遺症認定がなされなかったことを理由に、後遺症慰謝料の支払いを拒んでおりました。しかし、後遺症認定の等級外の後遺症が残った場合に,慰謝料が認められた判例を提示し,本件事案についても訴訟で認められる可能性が高い事を主張したところ,訴訟提起前に保険会社が和解に応じました。

 

保険会社はご本人で対応しても増額はしないことが多いです。しかし弁護士が判例などを示し、訴訟でも認められる可能性を具体的に主張することで、増額が見込めるケースも多いです。交通事故はインターネットや行政書士のページで知識を簡単に得ることが出来るので、自分で対応しがちですが、そもそも保険会社が弁護士を依頼しないと増額をしない運用であるところも多いので、早めに相談するようにしましょう。