事例

出資詐欺の事例

確実にもうかる事業に投資するのに出資をしてくれと言われ,キャッシュカード,クレジットカードを預けてしまい,1000万円以上の金額を引き出されている。何回かは返済があったが,返済が滞っている。相手方は,弁護士や税理士の確認作業が必要と言って返済を先延ばしにしている。詐欺ではないか。


結果

相手方と直接話し合い,詐欺であることを認め,返済を約束させる。被害額の多くを回収


解決のポイント

本件は,依頼者が詐欺犯にお金を渡した直後に弁護士に依頼をし,まだ詐欺犯と直接連絡を取り合える状態であったため,このような詐欺事案では高い回収率となりました。

 

ただし,詐欺犯は通常金銭を返還する能力が無いことが多いので,回収は難しいことが多いです。金融機関等以外の出資話については,基本的に怪しいと警戒し,どうしても気になるのであれば弁護士に相談することをお勧めいたします。
なお,詐欺被害の回復が出来ると述べて高額な調査費用を要求する業者もいますので,相談は必ず弁護士にするようにしましょう。