事例

退職者からの賞与及び退職金請求

退職した従業員から,賞与の請求がされた


結果

対応後請求無し


解決のポイント

賞与支払い日前に自ら退職した従業員が,在籍した期間に相当する賞与の請求をした。
相談を受けた会社の規定を調査したところ,賞与規定には,賞与支払い日の在籍要件が定められており,これは判例上も一般的に有効とされていることを従業員に説明しました。
その後請求は止みました。

 

退職後に賞与を要求してくる従業員も中にはいます。多くの会社で賞与の支給要件として、在職していることを規定しており、この規定は有効と裁判でもされていますが、退職後に賞与を要求してくる従業員の中には、前の賞与支給日から次の賞与支給日までの勤務割合に応じて支払を求め、説明しても納得しないままの人も多いです。会社としては、規定の見直しと、納得しない従業員が労働基準監督署等に行く前に弁護士に相談することをお勧めします。