カテゴリー

 

 

フラクタルアーカイブ

相続放棄代行サービスについて

被相続人の遺産はあるが、トータルで、負債の方が多いため、相続を放棄したいが、裁判所に提出する書類の取り寄せが大変で、3ヶ月の期間内にそろえるのが難しいという声をよくお聞きします。そこでフラクタル法律事務所が、戸籍等の取り寄せの代行、裁判所への申し立て書類の作成、書類の提出を行います。
手続き依頼の弁護士費用は一律5万円(税抜き・実費別)となっております。
サービス内容は以下の通りとなります。

 

  • ・相続関係図の作成
  • ・相続財産の調査
  • ・裁判所提出に必要は戸籍(相続人の戸籍謄本、被相続人の戸籍謄本(出生から死亡まで)の取り寄せ、被相続人の住民票の除票の取り寄せ
  • ・相続放棄申述書の作成、提出
  • ・相続放棄申述受理通知書の取得

 

弁護士への依頼の時期が死亡から時間がかかってしまい、もう少しで3ヶ月が経過してしまいそう、調査資料が多いため3ヶ月以内の申し立てが難しいと判断した場合には、相続の承認又は放棄の期間の伸長の申立てをして、提出期間の延長を申し入れます。この伸長の申し立て費用も、追加でいただくことはなく、上記5万円(税抜き)に含まれておりますのでご安心ください。

 

なお、すでに相続財産の一部を処分してしまっている場合には、相続放棄が認められず、手続きの依頼を受けられない場合がありますのでご了承ください。