カテゴリー

 

 

フラクタルアーカイブ

弁護士のご紹介

弁護士/幡野真弥(はたの まさや)第一東京弁護士会所属

 

弁護士/幡野真弥

 

幡野 真弥

 

【出身地】
東京都八王子市出身

 

【略歴】
2008年03月  一橋大学法学部卒業
2011年03月  中央大学法科大学院修了
2011年09月  司法試験合格
2013年01月  弁護士法人フラクタル法律事務所勤務

 

【趣味・特技】
読書

 

【好きな言葉】
初志貫徹

 

【行ってみたい場所】
奄美大島、屋久島

 

人生で大切にしていること

 

私が人生の中でもっとも大切にしていることは「豊富な知識」を持つことです。
多くの知識に触れ、さまざまな知恵を育むことで、人生はより豊かになると私は考えます。
趣味である読書もその一つで、小説や歴史書、ビジネス書からもちろん法律書まで、ジャンルを問わず、目にとまったものはすべて読むようにしています。時には数冊を平行して読むこともあります。
弁護士となった今でも、本を読む習慣は変わりません。お会いした時、是非皆さまのおすすめの一冊を教えてください。

 

 

弁護士として心掛けていること

 

「バランス」を心掛けています。
はじめて法律事務所を訪れるお客様の中には、緊張していたり、不安だったり、興奮していたり、本心を言えなかったり…さまざまな感情をお持ちの方がいらっしゃいます。
そのようなお客様とお話しをする際、法律の専門的な知識に寄りすぎてもお客様の心には響かない。だからと言ってお客様の心の中へむやみに足を踏み入れてもいけない。
私はこれまでの経験から、その「バランス」の難しさ、そして大切さに気がつきました。
弁護士として、お客様の表情や声のトーン、話し方や仕草などから本当の気持ちを汲みとり、対話のバランスを意識しながら、お客様が真に望む解決へ導いていきたいと考えております。

 

 

相談者・依頼者の方へメッセージ

 

「法律事務所は敷居が高い」と感じる方も多いと思います。
もちろんはじめは緊張されている方もいらっしゃるのですが、抱える悩みやトラブルから解放されると、多くのお客様から「先生に相談して本当に良かった」というお言葉をいただきます。
法律事務所は病院とおなじです。医師がそうであるように、弁護士もまた「プロフェッショナル」であって、決してすべてを思いの通りにできる「神様」ではありません。
問題が解決できないほど深刻になる前に、是非一度、気軽な気持ちで当事務所へご相談いただければと思います。